FC2ブログ

写真を飾って

P9060103.jpg
 北京で連覇したレスリングの吉田選手は、連勝記録を止められた世界選手権の銅メダルを部屋に飾って、そのときの悔しさをかみ締めながら毎日布団に入っていたみたいです。6年生3人は、5月23日(たしか?)に雅さんに負けてからこの日のために練習してきました。かなり成長して、3強相手にリーグ戦ではひけをとらない試合をするようになってきて、この日を迎えましたが、残念な結果でした。この写真を飾っておけば中学生になったら、とんでもなく上手になっているかも?監督は?監督は後ろは振り向きません。いや、飾っておくと寝不足で仕事が出来ないかも?「負けちゃったね~」「投手が打たれたの?」「監督あせった?」野球を指導しているときの仲間や、知り合ったソフトボール関係の方から、昨日に引き続き問い合わせがあるため、本日2回もブログっちゃいました。
スポンサーサイト



新たな目標

 最近急にバタバタッと体験に来る子や新入団員が来た。金メダル効果?それもあるだろうが、知り合いの知り合いとか、男子チームに入っているが、試合に出られないとか、それとやっと伊勢にソフトボールクラブがある。と認知されてきたのか?いずれにしても嬉しい悲鳴だ。当面目標は、11月の新人戦だが、来年以降にものになって欲しい大器晩成の育成組みと今秋を目指す組に分けて練習していくつもりだ。昨日体験に来た5年生2人が入団の意思を伝えてきた。11月には間に合わないかもしれないが、やはり5年生、パワーが違った。いずれにしても今年レギュラーだった4年生以下は楽観視はできない。控えだった4年生も昨日は目つきが違った。これで、5年生3人、4年生11人、スーパー3年生1人育成3年生3人の争いが激化しそうでうれしい悲鳴だ。絶対差別はしない。子供だから大器晩成と早熟が必ずある。5年生6年生で急激に伸びる子もいる。「努力に勝る才能無し」監督の信条を守った子が最後に笑う。