FC2ブログ

全日本観戦記

 土曜日の深夜に広島へ全日本大会の観戦に出かけました。よそのチーム見にバカじゃないのって思われるかもわかりませんが、いつの間にかソフトバカになってしまっています。
 目的は4つ
 1 夏の全日本レベルを間近で見て、どのレベルまで育てれば日本で勝てるようになるのかを知るため
 2 お世話になった常安監督の集大成でどのような采配をされるのか
 3 佐世保ひまわりエースをもう一度見たかったから
 4 必ずこの場所に来ていつか暴れてやると自分を奮い立たせるため
 でした。
 日曜日の朝一試合 常安×交野を見るために3時に伊勢を出発。約6時間走ってちょうど試合開始に間に合う。
P8020153.jpg
 残念ながら、交野の強打に屈す。と言うより、背番号2ひとりにやられたって感じ。1-0リードの時に2死2,3塁で背番号2に勝負に出た。リードされた後1死2,3塁でも勝負で打たれた。非常に微妙な場面で、最初は私も次の4番打者も打ちそうだったので勝負したと思う。次の2,3塁は敬遠したかも?でも振り返ると、それで敬遠しても常安の気の強い投手はきっと打たれたままで終わるのは嫌だったはず・・せこい私の考えとは違った。監督お疲れ様でした。また、明訓の監督のようにいつか違うチームで采配を振るわれることを期待しています。今後もご指導お願いします。
 さて、次の試合でひまわり登場!
P8020157.jpg
 春はこんなに屈んでいなかったのであるが・・・
 1球投げて唖然・・・素晴らしいの一言。マウンド捌き、乱れぬフォーム及び息遣い。
 しばらく見入ってしまった。コントロール、キレ、球威、チェンジアップ。それに小学生としては均整の取れた体つき。腕はしなるし、バネもある。この投手を見ただけでも来た甲斐があった。こんな投手を近いうちに育ててみたい。
P8020158.jpg
 こちらは、投手&監督と同じ苗字であるから、妹さんか?左投げ左打ち。現在4年生。来年熊本で投手として全国デビューか?
P8030179.jpg
 この子も気になるひとり。多肥ブルーウイングの2年生。バントヒットで出て、走塁の状況判断が素晴らしい。ライトからの返球もとても2年生とは思えない。5年生レベルにあるはず。3年後4年後を見てみたい。
P8030181.jpg
 優勝候補(私が勝手に)の岸和田八木南が思わぬ敗戦。特大の3塁打を打たれて、投手が泣いてしまう。岸和田って聞くとあのだんじりや清原さんを思い出すので、強い子しかいないと思っていたら、やっぱり普通の女の子でした。でも多肥の投手も素晴らしかった。
P8030183.jpg
P8030186.jpg
 注目のMAX対ルーキーガールズ
 ルーキーさんは春の全日本でウチが完敗したチームである。
 投手は、ショートを守っていた子だ。パワーがあって、4番打者の10番ばかりに気を取られていたら、ガツンとやられた子だ。投球を見てビックリ。MAXジャイアンちゃんに全くひけを取らない球速。
 私はあまり何キロとかは無頓着なのであるが、過去に見た中でもMAX2人、ひまわりと同レベルである。素晴らしい試合を見せてもらえた。この試合を観戦して、非常に勉強になって、広島まで来た甲斐があったプレーがいくつかあった。今はその答えが見つからないので書くのは止めるが、このゲームを見た指導者はきっとレベルアップ出来たに違いない。
 結局、NARUMI、MAX、ひまわり、四万十と順当と言えば順当な勝ち残りであった。
 投手力でMAX、ひまわりだが、NARUMIも監督の選手を暗示にかける魔法をを駆使すれば両投手を打ち崩すかも?
 私なりの総評であるが、春とは別の大会である。特に、NARUMI・多肥・横須賀・姫路・岡山リトル等名門で、かつ、指導者が素晴らしいチームはこの数ヶ月でかなりレベルアップをしてきていた。
 当然ながら全員見ていないが、選手では、捕手に素晴らしい選手が多く目に移った。東六、交野、ひまわり、姫路、MAXの捕手は声、肩、状況判断が素晴らしかった。打者では、交野2、多肥1、常安8、ひまわり1、MAX3、姫路10、宇和島2、NARUMI8の打球、振りの強さが目に止まった。
 いつかこんな大舞台でUKIUKIのピンクのユニフォームが踊れたらと強く思う。
 ベスト4の皆さん頑張ってください。
 しかし、今週末初戦勝てばNARUMIさんと・・とほほな感じである。しかも投手兼遊撃手(娘)が骨折。きっとみんなが、出場できない悔しさを来年の中日本で晴らせるように頑張ってくれるはずである。どこまでNARUMIさんと戦えるかワクワクしている。
スポンサーサイト