FC2ブログ

都会っ子を見ていつも思うこと。

 昨日、大阪予選の観戦に行ってきましたが、選手の体の大きさに驚きました。
 身長もそうなんですが、もう雰囲気が全然違います。
 名古屋なんて大きな選手が多いのです。

 以前にブログりましたが、都会の子は早熟なんではないかと・・・先日の掛川でも、NARUMI、横須賀、泉佐野は縦も横もある。ウチも学校で背が高い方の子が多いのですが、肩幅も無ければ腕も足も表情もしぐさも全てが子供です。

 昨日見た、大阪の選手は近くにいるお母さんと体型も変わりません。もうお姉さんです。

 都会は情報等が早く、早熟になっていくのかもわかりません。ウチの選手は幼稚なものです。
 子供は、同学年でも成長の度合いが違います。特に女の子は小学校で成長がストップする子もあると思います。どの子に対してどのようなトレーニングをさせるのか考えなければなりません。また、投手は現在大きくても成長が止まるかどうかも考慮して選ばなくてはその子の将来を壊してしまいます。

 親の身長もあると思いますが、膝下が長くて細い子は将来大きくなるのではと思っています。そりゃ小学生のうちに170㎝くらいになれば筋トレもできるし、子供のうちから活躍できるんで、中途半端な早熟ちゃんじゃないので一番良いですね。
 でもやっぱり、6年生で150cm以上ある子は特です。
 今、ウチは一番大きな5年生は155cm近くある子が2名ほどいます。逆に130cm台の子が2名います。小さい子も技術は変わりませんがパワーでやはり負けてしまいます。しかし、いつかは追いつくはずです。(追いつかなくても大人になれば155cm近くにはなるはずです)この半年で一気に大きくなる可能性もあるのです。

 平等にチャンスはあるので、体型に悲観的にならないでその子の持ち味を出させて頑張らせるようにしています。
 
スポンサーサイト