FC2ブログ

読売新聞

 12月21日付の読売新聞の「扉を開く」という企画コーナーににウチの記事が掲載されました。
 何気にソフトボール関連で探っていたら、読売のHPに記事が出ていました。
 下記のアドレスですので良かったら覗いてみて下さい。

 http://chubu.yomiuri.co.jp/news_kan/door/door091221_3.htm

 子供達に後から、「いつもオーバーに(過大評価)記者に話すから、負けたら恥ずかしいから監督止めて!」「新聞やテレビには大げさに言うほうが良いんだよ」みたいな会話がありました。コミニケーションもできました。

 
スポンサーサイト



春季全日本からの逆算

 3月末までどうすれば戦えるか?を考えて予定を立てました。
 1月は、年明け早々、男子チームとして泉佐野市長杯で大阪の6年生相手に戦わせていただきます。
 末には、近隣の全日本出場を決めた強豪チームと練習試合を予定しています。この辺りでウチのレベルが分ってくるはずです。
 2月は、上旬に男子チームと、下旬はまた、全日本を決めたチームと予定しています。
 3月は、全日本を惜しくも逃したけれどもウチよりレベルの高いチームとお願いしたいと思っています。直前であると全国出場のチームと試合すると、様子見の試合をしてしまいそうだからです。

 こうやって予定を立てましたが、先日書いたこととは違って試合がかなり多く入っています。

 まあ、今の時期だから言えますが、とにかくウチは投手力が弱いのと、スーパースターが不在であるから全員ソフトで立向かっていかなければならないのです。したがって、組織力を上げる必要があり、そのためには試合をこなして試合巧者にならなければならないのです。
 となると打撃力を向上するためにも、個々の努力が必要になってきます。

 年が明けたら、毎日戸別訪問してスイングチェックでもしていこうかなって本気で考えています。