FC2ブログ

びわこオープン総集

DSCF2101.jpg
 これだけ集まると圧倒されます。
 2年前カルチャーショックを受けたのを思い出しました。

DSCF2103.jpg
 富山県のダイヤモンドキッズ主将の宣誓は素晴らしかった。引き締まった素晴らしい宣誓でした。

DSCF2105.jpg
 初戦の刑部小鳩さん。いるんです、大阪には。球威、コントロールも抜群でヒットらしいヒットは序盤出ませんでした。

DSCF2153.jpg
 初日は1試合だけだったので、伴谷さんに練習試合に出向きました。
 この投手もビックリ。5年生とは思えない剛速球。やはり大阪。東大阪ドリームファイターズさん。
 泉佐野投手を一回り小さくしただけで、球威は遜色ありません。

DSCF2182.jpg
 全日本滋賀県代表の伴谷ファイターズさん。
 超大型バッテリーです。
 殆どが6年生で、パワフルなチームでした。

DSCF2217.jpg
 2日目初戦はチーム徳島さん。
 6年生がいないチームで、試合後に挨拶に伺ったら加茂エンジェルスさんだった。
 指導者が素晴らしいので来年はかなり強くなると思う。
 一昨年に加茂エンジェルスさんとい対戦して相手投手に度肝を抜かれたのを覚えている。

DSCF2244.jpg
DSCF2250.jpg
 加古川ドリームスさん。
 前の試合では、遊撃手が投手をしていた。守備を固めてきたのかも?
 全国でお互い勝ち進めばベスト16で再戦できる。揖斐川は白岡さんに勝てば対戦する。白熱した戦いになりそう。この大型捕手は素晴らしかった。

DSCF2272.jpg
 良いグラウンドです。しかし、非常に目の細かい黒土であるため、ボールが滑る。
 きっと、ここで全国大会が開催されていたときもこの土がいたずらをして、ドラマを生んだのかもしれない。

DSCF2274.jpg
 予選リーグを1位で通過して、決勝トーナメントの抽選があった。
 ルーキーのかりんちゃんが、ウチのカリンのクジを気にしてくれている。

DSCF2275.jpg
 決勝トーナメント1回戦は、大阪田井ブレイクス。
 大型投手で、指に引っかかったときには、80キロ中盤あたりのスピードが出ていると思う。
 この試合は、細かい作戦を多用してあまり普通には打たせなかった。これが失敗した。
 徹底的に叩きとバントをしてみたが、相手投手の球威があって、小細工は難しかったようだ。

 策に溺れた敗戦だった。打撃が縮こまってしまったようだ。
DSCF2287.jpg
 田井さんの選手はウチとは違って思い切って振ってくる。しかも一振りの気迫がこちらのベンチにまで伝わってきた。

DSCF2303.jpg
 最終回も1点差で、2死2塁3塁で、小細工に走って失敗。
 今日のナイターでこの子は速球をかなり打っていた。あの場面では三振でもいいからと思い切って打たせるべきだった。
 監督が、勉強になった敗戦だった。

DSCF2304.jpg
 決勝戦まで残って観戦した。
 この試合でもルーキーさんの気迫勝ち。

 気迫のこもったプレーがエラーを誘うような当りが出る。
 守備もリズムが良かった。
 強いと思わせるような戦いぶりだった。おめでとうございました。

 岩手に繋がる悔しさも体験したし、楽しい3日間でした。


スポンサーサイト



びわこオープンジュニアを終えて

 画像は、後ほどアップするが、びわこオープンで3日間戦った結果は下記のとおり。

 予選リーグ
 刑部小鳩0-9UKIUKI
 チーム徳島0-20UKIUKI
 加古川ドリームス0-13UKIUKI

 決勝トーナメント準々決勝
 田井ブレイクス4-3UKIUKI

 田井ブレイクスさんは投手をはじめ、あの集中力は素晴らしかった。

 スタッフ、選手が一丸となって束になって襲ってきた。
 それに対してウチは無防備だった。

 非常に勉強になる相手と対戦できたことは来週に繋がる。

 挑戦する気持ちをもって、初戦の新沼戦はウチが束になって襲いかかりたい。