FC2ブログ

守備練習

 知り合いのチームの保護者の方から、「どんな練習を普段しているのですか?できればブログで徐々に書いていってください」って声をかけてもらったので、UKUKIスピードで実施している練習内容の一部を紹介していきたいと思います。といってもありきたりの反復で、独自の練習方法って無いのですが・・・

 私は、やはり守備を重視します。
 基本的に守れなければ試合を作ることができません。だから一日練習をする場合は、午前中ビッシリと守備練習をします。
 
 キャッチボールにはスローイングと捕球の守備で重要な要素が全て含まれていますから重要視します。
 膝を使ったスナップスローから始まって、肩を慣らした後に、野球のピッチングを塁間程度でしっかり投げさせます。
 ・膝を高く上げて、軸足に乗せた体重をお尻から目の前にある透明の椅子に座りにいくように軸足の膝を折って踏み出した足に体重移動していく。これは徹底的にやらせます。股関節を意識しながら体重移動していくという動きは打撃にも繋がっていくと思っていますから、この練習をすることで打撃練習のときの指導が楽になります。

 ・グラブの腕は、割れるときに内側に捻って、ボールを持っている腕は肘から真っ直ぐ肩のラインまで上げていきます。ここで、トップが綺麗にできているかのチェックが重要になると思います。

 ・トップが綺麗に出来れば、後は腰を返して、胸を大きく張って、軸足を思い切って蹴り上げるのです。ここで注意することは、肩や手に力を入れないことです。力を入れるとバランスが崩れてしまいます。

 ・リリースは、小指が上を向くように若干捻ります。ここで、注意することは、手で相手の顔をつかみに行くように大きくフォローをすることです。以前中高生の野球を指導していたときは、キャッチャーではなくバックネットをつかむつもりで投げろって言っていました。

 ・これをじっくりと行った後、キャッチボールを終えて、各自ボールを1球持って、ゼロポジションから踏み込み足の前に叩きつけるメンコ投げをします。これは、10年位前に中井大介や当時の中学生にさせたところ、球速が驚くようにアップしました。正直根拠はわかりませんが、当時阪堺病院で立花龍司さんに教わって実践したところ効果があったので実施しています。

 ・次に、センターに全員を守らせてノックしてバックフォームをさせます。ノーバウンドはNGです。これも投手を作るのにスローイングが良くなる方法だとプロのキャンプを見て覚えました。

 ここで、休憩タイムに入ります。だいたい2時間程度が経過していると思います。

 休憩後

 ・全員レフトの守備についてアメリカンノックをします。低学年から全員です。走りながら取れるか取れないかギリギリのボールを捕りにいくことで、足が使えるようになります。グラブを出して走る子は徐々に減っていきます。そして何よりも、定位置についたときにフィールドが狭く感じて守備範囲が広がるように思います。私は中学から社会人までず~っとセンター一筋だったのですが、ある日草野球でショートを守ったときに小フライが上がったときにセカンドの定位置まで走ったことがあります。だからどうなのかは分かりませんが、これで守備範囲がひろがってくれればと思って指導しています。

 ・次に、全員をショートに移動させます。グラブの使い方を覚えてもらいます。腰を割ったり優しく生卵を包み込むように捕ったりすることも別に指導することもありますが、ここでは、グラブを下から上に使えるように、「ぜ~ったいショートバウンドで捕りなさい。ハーフバウンドで捕ったらボールが爆発するよ。ショートバウンドで捕れなかったら逃げなさい」なんて言いながらショートバウンド捕球をさせます。とにかくボールが地面に着く場所にグラブを差し出したら勝手に入ってくることを言って出来たときは子供達はご満悦です。

 ・その後は、左右後方にフライを上げて、目を切る練習です。ノックの正確さが問われる場面です。イージーフライから始めて、徐々に動かせて、捕れないフライを打ってみて、声は絶対取れるなんてかけて精一杯追わせて、その次に打つフライは、5メートル後方に打って簡単に思わせたりしています。私が中学時代は目を切ってフライを捕るなんて中々出来ませんでしたが、この練習をしてから、結構上手に目切が出来るようになりました。

 ・仕上げは、内野全般に守らせて、ゆる~いノックを左右に打ちます。たまには速い打球のノックもしますが、ゆるいノックをすることで、ボールへの入り方を覚えることを最重要視し、足で追うこと、捕ってから早くスルーイングすること、型をきれいにすること、守備範囲が広がることetcをします。これには、ゲッツーをしたり、色々子供達が飽きずに集中できるようにパターンをいくつか考えています。

 基本の守備練習はだいたいこんなところです。ここで、私が重要だと思うのは、子供達への声かけです。難しいボールを打ったりしたときに諦めさせないこと。その次にちょっと簡単なボールを打ったときに捕れたときに褒めて、その後なぜ捕れたかを言ってあげることだと思っています。

 偉そうに書きましたが、何も特別な練習ではありません。
 基本練習を飽きさせなくすることであります。

 また、時間あるときに打撃練習の話もしたいと思います。
 長々とたいそうにすいません。
スポンサーサイト