FC2ブログ

UKIUKI最後のユニフォーム

 6年生は何年も袖を通してきたピンクのマークのユニフォームをこの岸和田大会で脱ぐことになる。

 前日の練習から、「君たちと一緒に出来たことは嬉しかったし、明日が来て欲しくないという気持ちだ」ってくさいけど本音をしみじみと話してきた。

 この試合前も、「本当の最後だ。あの菊池市や花巻の気持ちを思い出そう」って語ってたらみんな気持ちが高ぶってきたようでした。


 初戦のみどり台さん。
 ずっとコーチの方と電話等で仲良くさせてもらっていたので念願の対戦でした。しかし、

 気持ちが高ぶりすぎたか、早朝4時からの遠征疲れかピリッとしない。
 守備位置もかなり変更していたので、元に戻させて定位置を守らせたら落ち着いたようだった。

 準々決勝は、日根野さん。
 打席を一番前に立たせて勝負させた。相手投手のスピードがまずまずあったからだ。
 選手は何故か察知すると同時にスイッチが入ったようだ。

 失礼だが、打席を一番前に立たせると、80㌔以上のスピードになる。
 そうなんです。この大会は一小(泉佐野)の投手との対戦を心待ちにしていたので、この試合に勝てば対戦が待っていたのです。

 さて、準決勝の一小戦。選手はユニフォームは泉佐野のそれではないが、あの大胆なフォームから投げてくるM投手の球筋を見て気合が入ったようだ。
DSCF3833.jpg

 試合は5-4で敗れたが、10月くらいから気抜け状態だった6年生をみて久々にしびれる試合だった。
DSCF3842.jpg
 ここ最近では珍しく力投していた。相手投手に引っ張られたようだった。

DSCF3845.jpg
 絶好の6-4-3のチャンスだったが、セカンドを守ったことがなく普段はライトのホナミが一瞬遅れてしまった。これで彼女は成長したが、今までメイちゃん以外にセカンドを守らせていない私の責任。

 その後も、ファーストを普段守らない子を守らせて、エラーをさせてしまったり、私の起用がごてごてになった。
 内容では負けていなかったが、あと一歩及ばなかった。
 これで、6年生は小学生ソフトの終焉を迎えようとしている。あとは来週の掛川での選抜戦。

 しかし、このメンバーでは最後だった。
 最後に素晴らしい試合をしてくれてこの子達とこの子達の気持ちを奮い立たせてくれた一小のM投手に感謝したい。

 ※打撃フォームで参考になる写真をって他チームの方から要望があったので、この試合で特大の当たりを打った2枚の画像があるので載せておきます。参考にしてください。
DSCF3839.jpg
DSCF3920.jpg


スポンサーサイト