スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴールデンスターズ予定

 ゴールデンスターズの9月の予定です。
 
 小学6年生の体験入団をお待ちしています。

 試合の見学でも結構です。
 
 9月3日(土) 練習       五十鈴公園球技広場 9時から17時
   4日(日) 練習試合     五十鈴公園球技広場 対南郊中学校
   10日(土) 練習試合     五十鈴公園球技広場 対西郊中学校
   11日(日) 練習       五十鈴公園球技広場 9時から17時
   17日(土) 練習       五十鈴公園球技広場 9時から17時
   18日(日) 練習       五十鈴公園球技広場 6時30分から13時00分
   19日(祝) 休日
   23日(金) 第1回いすずウキウキクラブ杯初日
   24日(土) 第1回いすずウキウキクラブ杯二日目
   25日(日) 練習試合     五十鈴公園球技広場 対5START、岐阜NEXUS
スポンサーサイト

ホントに出ちゃいます

 今日のナイターにも体験に来てくれている3人と、その友達の4年生が来てくれました。

 また土曜日にも来てくれるそうです。

 金曜日のナイターに来てくれた3年生と、先週の土曜日に来てくれた3年生1人と2年生2人も楽しかったと
言ってくれています。

 バッテリーは5年生コンビが何とかできそうです。
 サードとショートを4年生と5年生が守ります。

 ファーストに以前入団していた選手が再入団して守ってくれるかもしれません。

 ホントに出ちゃいますよ~って感じです。

 何とか一昨年の優勝旗持って先頭で入場行進してチームで返還したいですから。
mini_110830_2045.jpg
SN3S0247.jpg

指導者の見る目

 日曜日の県選抜選考会で、小学生時代右打ちだったある選手が左でマシン打ちをしていて驚いた。

 というのも、私の大好きなタイプの選手で、フォロースルーが大きく放物線を描ける素晴らしい打撃だと記憶している。
 聞くところによると、3号ボールになってから思うように打てていないからのようだ。

 私が、指導者なら・・・
 「右で打ちなさい」って言っていたと思う。

 しかし・・・

 アドバイスはしても押し付けは良くない。

 その選手は失礼だが確かにむらがあったのも事実だ。

 私が娘を左打ちにしたのは、私が身長が低いから大きくならないだろうから大砲になれないと思ったからである。

 右投げなら右打ち左投げなら左打ちの方が飛距離が出るという。

 その選手も、今後左打ちを好む指導者と出会うかもしれないし、左ならむら無くアベレージを残すかもしれない。
 マシン打ちでは左に変えたばかりなのに80数キロのマシンから空振りは無かった。

 本人が、頑張ろうとしているのに指導者が水をさすのは良くないのだと思った。

 そんな事を考えさせられた出来事でした。

ガールズリーグ近畿四国大会&いすずウキウキクラブ杯争奪大会

 見出しの中学生大会を下記のとおり開催します。

 残りは1枠になりました。
 有名どころのチームも参加してくれます。

 盛大に開催したいところですが、なにせ初めて大会を開催しますので、行き届かないところが多くあると思いますがご了承ください。

 開催日 :平成23年9月23日 24日
 開催場所:伊勢市 五十鈴公園野球広場、五十鈴公園球技広場、伊勢市営二見グラウンド2面
 大会形式:初日 リーグ戦 二日目 決勝トーナメント(ガールズリーグ近畿四国地区の規定による)
 開会式 :変則開会式です。初日のリーグ戦終了後、三重県営体育館サブ(五十鈴公園敷地内)にて開催。
 後 援 :伊勢市ソフトボール協会 いすずウキウキクラブ
 協 賛 :マルエスゴム 赤福 伊勢餡
 大会参加予定チーム(8月28日現在)
 ・香南クラブ(香川)
 ・備前ブルースターズ(岡山)
 ・明石Pクラブ(兵庫)
 ・南大阪サンダース(大阪)
 ・大東ウイナーズ(大阪)
 ・岐阜NEXUS(岐阜)
 ・ハッピーフレンズA(愛知)
 ・ハッピーフレンズB(愛知)
 ・名古屋西レディース(愛知)
 ・ゴールドラッシュ(愛知)
 ・トリプルA(愛知)
 ・若穂クラブ(長野)
 ・静岡クラブ(静岡)
 ・5START(静岡)
 ・伊勢GOLDEN☆STARS(三重)
 懇親会 :伊勢市宇治中之切町 すじ久

 何とか伊勢に来て良かったと思えるような大会にしたいと思います。
 皆様よろしくお願いします。

県選抜選考会

 今日は中学生の県選抜選考会があったので、引率を兼ねて行ってきました。

 総勢150名あまりの人数。

 その中から30名~40名を選抜して、2次試験で10名に絞るようです。

 全部で17名を選出するみたいなんで、残りの7名は新人戦とかで見て決めるそうです。


 結構、この結果で色々な意見があるようなので、受けるなら受かった方が良いのですが、なにせ、打撃時間は1分だし、守備もショートとライトでノックです。

 中体連の先生方も時間が無さ過ぎて大変でしょうけど、私が選考委員なら選出するのは無理かもって思いました。

 みんな一生懸命頑張っていました。
 三重県内の中学生達の雰囲気やレベルを知れたいい機会になりました。

 ゴールデンスターズで選ばれる選手も少なからずいるんじゃないかな?って自分なりに勝手に思っていますが、正直40名なら受けたみんな選出して欲しいと思います。そして実戦で見て欲しいと思います。

 もし、落選した選手がいるならば、明確な理由を頂いて次に向けて頑張らせようと思っています。

都道府県対抗選手選抜

 明日は、来春の3月に開催される都道府県中学生大会の選手選考会です。

 個々のレベルアップを図ろうとしているうちにとっては、個人の能力が県でどのレベルなのかを計る良い機会でもあります。

 しかし、何人かが合格して合同練習とか行くとこちらで練習できないから辞退しますと申し出てきました。

 県協会主催なので、なるべく参加を促しましたが、どういう基準でどのように選出するか私も知りえていませんので不参加も認めました。

 正直、落選した場合はなぜ、落選したのかを教えていただけたらと思います。

 NTSには目くじらをたてますが、今回は三重県の選手のレベルを自分と比較しておいでと言ってあります。

 私も外野からこそっと覗きに行くつもりです。どんな選手がいるのか楽しみです。

リピーター

 今日のナイターで、火曜日のナイターに来てくれた体験の2人が来てくれました。

 それも、友達を引き連れて・・・

 あとは、先日勧誘に足を運んだ子が一人来てくれて、今日の体験練習会は4人でした。

 4年生が一人、3年生が二人、2年生が一人です。

SN3S0245.jpg

 はじめてバットとグラブを触るの?っていうくらい素晴らしい4人でした。

 明日の昼間も2人は来てくれるようです。
 他の2人も既に用事が入っていましたが、保護者の方に明日も行くんだとせがんでいました。

 こんなにも体験の子が来てくれるのが嬉しいと思ったのはありません。

 ひょっとして新人戦出場も夢ではないかもしれません。

UKIUKIスピード再建への第一歩

 タイトルの見出しで、今日のケーブルテレビで取り上げていただきました。

 昨日のナイター練習は、UKIUKI体験練習会でした。

 その模様をケーブルテレビが伝えてくれました。


 初心者達が8名来てくれました。

 ラダー、腕振り、ジャンプ等の脳神経トレーニングを実施して、ティーボールでキャッチボール。
 
 「このボールは生卵だよ~っ、強く取ったら割れちゃうよ~。あ~っ割れちゃった~」
 みたいに笑いが絶えない楽しいキャッチボールです。

 ある程度素手でボールが取れたら、コロコロ転がして1で取って2でジャンプして3で思いっきり投げて~ってやると本当に楽しそうにボールを追いかけていました。

 休憩して、お待ちかねのバッティング。

 少しティーで軟らかいボールを打った後、ソフトボールを思いっきり打ったら気持ちよく飛んでくれます。

 実は彼女たちは、ある企業の従業員さんの娘さんで、殆どが従業員さんの付き合いで娘さんが来てくれたのです。だから、本当に来たいって思った子は無かったかも知れません。

 しかし、グラウンドに来てくれたら可能性はあります。それも楽しいを連発してくれます。

 最後はベーラン競争です。ベースを踏むこともわからない子もいましたが、大笑いの楽しい練習会でした。

 また、同じメンバーで今度も行います。

 正直、今は入ってくれ~って思わずにとにかく楽しんでもらってって気持ちでいます。

 5年生はかわいそうだけど、気長にチーム作りをしていかなきゃって思います。

 おっと、小学6年生の女子も是非ともゴルスタの見学をお願いしますね。

小学生三重県女子交流会日程変更

 11月26日27日に掛川で行われる、県別対抗交流戦の選手を決める日程を変更しました。

 9月19日に実施予定でしたが、東員さんが愛知県で大会に出場するのと、選抜の監督を務める安山監督がまだ土日仕事のため、10月1日(土)に変更となりました。

 もし、参加ご希望で、都合の悪い方はコメントにご一報ください。

 なるべく多くの6年生に参加していただいて、素晴らしい想い出をきざんで欲しいと思っています。
 昨年参加された保護者さんからは、今でも「あの掛川は素晴らしかった」と言っています。

 こんな機会を企画していただいた掛川桔梗の萩田監督にはこの大会に参加した全ての選手が感謝して、かつ、いつかエコパで何かしらの大会で足を運んだときは、思い出すに違いないでしょう。

 素晴らしい富士をバックに試合したのはもう2年前です。

 三重県内在住の女子であれば歓迎します。

 昨年は、前日にカンピロバクターと喧嘩してノックアウトでした。

 今年も、Tシャツと帽子は揃える予定でいます。

 是非とも、10月1日に五十鈴公園に来てください。

ボールを握らなかった週末

 昨日は、国体東海予選の動員と午後からは、トップ選手の観察。
 
 今日は、午前中、三重県少年女子の応援して、午後からは津市内で練習試合の予定でした。

 生憎の天気で、午後からの練習試合は出来なく、全くボールを握らずに、バットを振らずに終わった週末でした。

 今日の午前中、国体予選会場から津市の久居中学校に入り、天気とにらめっこしながら急いで試合を開始することになりました。
 普通は・・・

 昨日から練習をしていないため、少しでも試合したり練習したりしたいと思って当然の選手達だろうと思っていましたが、一部の選手はダラダラとキャッチボールを開始しました。

 これは、私の指導が足りなかったのと同時に、彼女たちは非常にモチベーションが低いのだと痛感しました。

 トヨタ自動車&豊田織機の選手達の真剣なプレーを目の当たりにして、ヤル気がみなぎって、練習試合に向かったのだと思っていました。
 
 ところが・・・

 まだまだ甲子園を目指して、プロ野球選手を目指して、夢中になっているリトルシニアの選手達と比較していた私が甘かったのかもしれません。

 しかし、中には志の高い選手もいます。

 底辺の拡大をしていかなければなりませんが、志の低い選手がいては、中学クラブチームは無理だと思っています。
 確かに9人揃って試合には出たいと思いますが、上手下手は関係ありません。ひとりでも向上心の無い選手がいて、ソフトボールが上手くなる環境にマイナスな選手は必要ないと感じました。

 ちょっと選手には嫌われるかもしれませんが、今週までの優しい監督から変貌しようと思っています。
 来春になれば、全員が見違えるレベルになるために。

全国中学校大会

 全国中学校大会を制したのは、広島県の翠町中学校でした。

 下馬評どおりの戦いだったようです。

 未確認の噂によると、上位チームは外部指導者を導入しているらしい。しかも、有名ならつ腕の・・・

 私も中学硬式野球の指導に携わっていたことがあるので、部活クラブチームでは、主旨や方針等が若干違っているというか色んな生徒さんがいるからそうせざるを得ないと思っていたが、外部指導者の指導で、かつ、部員は意識の高い選手ばかりだと、これは完全に毎日練習できる部活が有利であるだろう。

 指導者のレベルをもっと上げないと、いけないと思う。

 ゴールデンスターズを選んで良かったと言ってもらえるくらいにならないといけない。

掛川6年生交流試合

 今年も掛川で6年生の交流試合&新人強化試合が行われます。

 UKIUKI新チームも今何とか画策して人集めに奔走していますが、11月の強化練習試合は人が集まっても厳しいので、不参加を早々と決定しています。

 しかし、いつもお世話になっている掛川で、6年生達の最後の想い出に残る試合をしてきて欲しいと思っています。

 さて、そんなことから、三重県内のソフトボーラー6年生を募ります。
 
 上手下手は関係ありません。

 みんな同じ小学生時代に白球を追っていた女子仲間です。

 もちろん男子チームから参戦しても大丈夫です!


 予定としては、
 9月19日に一度集まって合同練習しようと思います。そこで20名程度集まったら2チームに振り分けをします。
 その後、他県のチームと練習試合をしたら、何かの大会に出場しても良いと思っています。

 メインは11月26日27日の掛川での交流試合です。

 私も男子チームは知りませんので、我と思われる方は、コメントください。

 ちなみに監督はUKIUKIの安山監督です。

今の時期の6年生

 昨日のナイターで、中学生の距離で、UKIUKI選手も中学生と一緒にノックを受けた。

 火曜日は、中学生の日なんでノックはいつも3号ボールで3号の塁間。

 2週間6年生を見ていなかったが、うん?って感じで力強くなっている気がする。

 6年生にとっては、もう小学生の残りの大会は思い出作りで、勝負にこだわらずノビノビとゲームをすることになる。無論、細かいことはせずに思い切ってソフトボールを楽しむ。これはUKIUKIの毎年のスタイル。

 だから中学生になってもソフトボールを続ける子は3号ボールで練習して2号は試合でしか触らない。
 色々賛否両論であるが、そうしなければ来春試合に出ることは出来ないだろう。

 途中から、UKIUKIの2人の投手に3号ボールでピッチングをさせたが、メイちゃんのスピードに驚いた。
 ナイターであることを差し引いてもムチャクチャ速い。全日本が終わってから2ランク速くなっている気がする。
 なぜ、熊野で今の状態なら・・・3号でもこの球が投げられるのに・・・

 きっと他の指導者からもこの嘆き声が聞こえてきそう。そうなんですよね。この時期の6年生はグッと成長してきます。

 メイちゃんは、投手は小学生でもう辞めると言っていますが、その理由として強豪高校でインターハイ優勝。U19んじ選ばれて日の丸を背負うという凄い明確な目標を持っているのですが、背が伸びないからなんていう理由で野手希望です。両親姉が大きいので伸びる可能でいもありますが、小さくても日本のエースになる可能性も捨てないで欲しい、そんな気がした昨日のナイターでした。

国体東海予選会

 今週末に国体東海予選会が地元伊勢市で開催される。

 日頃からお世話になっている伊勢市ソフトボール協会理事長からの動因要請があり、出来ること
ならと開会式のプラカード持ちやボール拾い等の手伝いをすることになっている。

 当日は、少年女子から成年男子まで幅広く行われる。

 少年女子の三重県代表には、先のインターハイで3位という輝かしい成績を残された伊勢学園高校が中心となっている。
 成年女子の三重県代表は、昨年のインカレ3位の鈴鹿国際大学の単独チームが出場している。
 成年女子の他県のチームには、愛知県はトヨタ自動車の選手達で、岐阜県は増渕まり子さんを擁して来年?の岐阜国体で強化しているミナモソフトボールにスーパー18歳の織機の高坂選手や大砲の小柳選手などそうそうたる顔ぶれとなっている。

 ゴールデンスターズの選手たちは成年女子でのお手伝いをお願いした。
 チームが強くなるには、少年女子の選手を見た方が、身近で、かつ、近い目標となるのだが、せっかくトッププレイヤーが来ているので、トッププレイヤーに憧れて、いつかはきっとという気持ちを持ってもらいたいと思う。

 先日、熊野ジャンプアップで、ある凄い指導者が私に「中学生でも背番号の変わりに日の丸を背負って立つんだ、って意気込みを持っている選手が大成する」と教えていただいた。
 絶対、一部リーグで戦うんだという意気込みをもてるようにこの大会を見て感じて欲しいと思う。

今後の予定

 ゴールデンスターズ
 8月20日(土) 東海国体ブロック予選手伝い  8時から終日 大仏山スポーツグラウンド
 8月21日(日) 練習試合 久居中学校、西郊中学校、崇高中学校 11時40分久居中学校
 8月27日(土) 練習 五十鈴グラウンド
 8月28日(日) 三重県選抜セレクション 希望者のみ(時間が無かったので一応全員応募してあります)協会行事ですのでなるべく参加してください。
 9月3日(土) 練習
 9月4日(日) 練習試合 南郊中学校 五十鈴グラウンド
 9月10日(土) 練習
 9月11日(日) 練習
 9月17日(土) 練習
 9月18日(日) 練習
 9月23日24日  ガールズリーグ近畿四国中部ブロック大会
 9月25日(日) NEXUS 合同練習
 
 UKIUKIスピード
 8月20日(土) 午前中練習 午後から東海国体ブロック手伝い
 8月21日(日) 午前中練習予定
 8月27日(土) 練習
 8月28日(日) 練習
 9月3日4日  三重県大会
 9月10日(土) 練習
 9月11日(日) 練習
 9月17日(土) 練習
 9月18日(日) 練習
 9月23日24日  中学生大会手伝い等
 9月25日(日) NEXUSと合同練習
 10月1日(土) 練習
 10月2日(日) 掛川大会

19日からUKIUKI選手強化です。

 19日のナイターに、ケーブルテレビが特集を組んでくれ、それの取材に来ます。

 UKIUKI復活への道です。

 週末が仕事の保護者さんがナイターであれば来れるために集団で来てくれます。

 その体験の様子をケーブルテレビITVが取材に来てくれます。

 ティーボールを購入してありますので、それを優しく小中の選手達が指導している模様を取り上げてくれます。

 新人戦までにはちょっときついかもしれませんが、何とかできるような気がしてきました。

戦いの準備

 中日本大会は、2回戦でFSトップファイヤーさんに5-3で敗退した。

 5月の練習試合から考えると、力の差は無くなったのかも知れない。

 しかし、試合をするために準備をしてこなかったこと、勝ちたい気持ちの差が2点差となった。


 試合は、投手の球威が全く無く、チェンジアップの制球も無い。
 打者は、ヒットが出るものの、細かいことが出来ない。

 球威が無かったのも球威を出す調整をさせなかった。
 出来ないのではなくさせてこなかった。が正解です。

 思えば、6月5日に全日本出場を決めてからハラハラしながら切符確定を待ち続け、8月1日に全日本から中日本に変更になり、選手の気持ちは完全に下がった。

 私も7月にUKIUKIに帯同しており、岡山のガールズリーグ大会以外は、ゴールデンスターズといなかった。
 采配を出す監督が不在であるため、チームは基本練習の繰り返し。

 本来は、一番モチベーションが上がっている時期であるのに。

 試合では、トップさんは、あらゆるピックオフをしてきたり、守備もウチの走塁対策を講じてきたようにランナーが出ても完全に封じ込められて、ホームベースが遠かった。
 無論打撃も素晴らしかった。

 準備と気持ちの差がまざまざと出た試合。

 今、このチームは何を目指そうって思っている。

 また、来年もこんな気持ちで大会に臨めない。
 しかし、全日本に拘っていると、いつまでもこんな気持ちになってしまう。

 個人の技量を上げることに徹するか?
 練習試合で名前を売るか?

 いずれにしても長いオフが始まった。

熊野ジャンプアップ大会

 昨日から二日間、熊野市で開催されているジャンプアップ大会に参加させてもらってきました。

 今回で第3回目で、お盆の時期に熊野市で県内外の高等学校を中心の強化試合です。

 今年は、高校総体と重なっているので残念ながら予選で敗退した高校が参加されています。

 大会は、10日から13日の4日間で、高校ソフトにうとい私ですら名前を知っている、夙川学院、神戸野田、創志学園、美作高校等、高校20チーム中学5チームでした。

 ウチの2年生2人、1年生9人は非常に勉強になって、この大会で一回り大きくなったはずです。

 明日からの中日本では、その成果を出して欲しいと思っています。(ちょっと疲れが心配ですが)


 対戦相手は、
 宝殿中学校(兵庫)
 神戸野田高校(兵庫)
 四条畷学園高校(大阪)
 久米田中学校(大阪)

 で、成績は2勝2敗でした。

 良く頑張ったと思っています。

 画像は今日の写真のみです。

DSC_0102.jpg
 さすが強豪高校のエースです。
 勢いのある球でした。

DSC_0104.jpg
 アウトコースよりのボールをライトオーバーでした。
 高校は外中心でしたので、外を狙わせました。

DSC_0108.jpg
 小学生時代は八木北のエースで、素晴らしいボールを投げ込んできます。
 身長は160センチ程度でしょうか?

DSC_0113.jpg
 弘法筆の誤りというほど、前日から超ファインプレイを連発していましたが、痛恨のミス。

DSC_0114.jpg
 このセンターオーバーで1塁ランナーまで帰ってきてしまいました。

 久米田さん全国中学校大会頑張ってください。

 

UKIUKIスピード再建への勝負

 UKIUKIスピードは現在のままでは来年は試合に出ることが出来ません。

 何とか再建をと思い、ローラー作戦、イベント、口コミ、チラシ等々策を講じてきましたがいずれも空振りに終わっています。

 今後も同様の活動を続けて行こうと思ってはいますが切迫した状態でありますので頭を悩まして、お知り合いの方々に相談していました。

 そんな中、ある大企業の社長さんが、
「せっかく伊勢から日本一になったのだから、伊勢市の活性化のためにもう一度みんなで力を合わそうじゃないか。【伊勢市から日本一を】をテーマに伊勢市全体が盛り上がるように各企業に同士を集めて人集めをしようじゃないか」
 と会社全体でご協力いただくことになりました。

 昨日その会社の常務様たちをお招きして、対策を考えました。

 とりあえずは、8月9月にとにかくひとりでも多くの関連会社の小学生の娘さんをもつ従業員に体験に来ていただくように呼びかけていただくことになりました。

 必ず復活します!

 『もう一度伊勢市から日本一を』

111.jpg

全国中学校大会東海予選

 中体連の東海大会で、三重県の度会中学校が優勝して全国大会の出場を決められた。

 準決勝では、EASTMAXのOG軍団が揃っている錦田・中郷中に4-0と完勝している。

 正直、度会中学校の選手が所属していた度会エンペラーズも彼女達が小学生時代は、三重県で敵無しの強豪チームであったが、全国ではベスト8にまで行っていない筈。

 中学校での指導が素晴らしいのか、小学生時代に先を見据えた指導をされていたのか。
 あのMAXの2枚看板の投手を打ち砕いている。

 たぶんウチなら完封されている。
 どんな練習をされているのか?


 昨年も中日本で優勝しているし、毎年東海地区のリーダー的存在として君臨している。


 富士で開催される中日本大会にはウチも度会中も出場する。


 何とか決勝まで行って、あの素晴らしい投手と対戦したいと思っている。

 
 クラブ選手権では、KGスラッガーや南大阪サンダース等日本トップクラスを目の当たりにした。
 全国大会で、あの佐世保ひまわり軍団の中学校も出場されるようだ。


 これで、日本のトップが計れると思う。

 是非とも、上位まで行って欲しい。

 それで、また負けないように頑張ってレベルアップできると思っている。

指導者の体調管理

 ちょっと忙しい日々が続いていたせいか、今日の練習中に激しい動悸に見舞われて、午前中自宅で療養しました。

 仕事もちょっとたてこんでおりまして、金曜日は中学生とナイター、昨日の土曜日はUKIUKIのびわこオープンジュニア大会で監督代行をしてその夜は懇親会で午前様。

 本日6時に滋賀を出発して、8時30分からゴールデンスターズの練習。

 午前中は、全員を全てのポジションで代わる代わるノック。

 全員外野でノックをしている時に若干のめまいが・・・・

 そして、外野フライの追い方の見本をするためにコーチにノックを受けていたら激しい動悸が・・・

 「そのうち治まるだろう」とその後もノックを打ち続けていたが、外野までボールが飛ばなくなり本日のノックは終了。変な汗とともに、虚脱感。

 熱中症の知識は若干あるのだがどうも症状がおかしいと思って、自宅に戻って2時間休んで午後からは、声だけ出しにグラウンドへ。

 本来は、明日のびわこオープンの決勝トーナメントに行ってあげると子供達に約束したのだが、無理は禁物と断念します。
 全日本の代わりにはならないが、悔しい思いをさせて申し訳ないので、今回のびわこで報いをしようと思ったのだが、選手には申し訳ない。

 しかし、体力には自信があったし、灼熱の太陽は大好きな私であるが、不徳の致すところ。

 仕事をもう少し、さぼるべきなのかも知れない?(懲戒処分になっちゃいますね)

 最近肥えすぎてきたので体調が戻ったらダイエットをしようと本気で思っています。

 父親を心筋梗塞で40代で亡くしているので人事ではありません。

 指導者の皆さん、頑張りすぎて体調管理をシッカリしてくださいね。

またも代行

 明日から、UKIUKIは、びわこオープンジュニア大会に参加する。

 今週から私は、元サヤ(死語?)に戻り、ゴールデンスターズの指導をする予定でした。


 そんな中、安山監督の母校である伊勢工業高校が甲子園に出場し、また、明日の第2試合で早くも登場する。

 OB会の幹部である安山監督がどうしても甲子園に行かなくてはならなくなったため、代行で私が明日のびわこ大会も采配を振るうことになった。

 全日本で、私の采配で敗退したこと、それに中学生を西澤コーチにまかせっきりになってしまっていることから迷いに迷ったのだが、UKIUKIメンバーの真剣な眼差しでプレーして、勝利してからの笑顔をもう一度見たいと思って参加することになった。

 ゴールデンスターズの練習は早朝6時30分から。
 彼女達に断りを言って、滋賀に向うつもりだ。

 明後日は、UKIUKIの勝利を祈りつつ、丸一日今までの分を取り戻すくらいゴールデンスターズと一緒に汗を流そうと思う。

 明日で、UKIUKIの采配をするのは終わりです。

 1プレイ1プレイしっかりと見届けたいと思います。

少し?タラタラ?未練の舞洲

 今日、全日本中学生ソフトボール大会の組合せ抽選会がありました。

 6月5日の三重県予選で、準優勝して権利を獲得した伊勢ゴールデンスターズの名前はどこにもありません。

 
 

 そうなんです。三重県代表は文岡中学校です。



 どうして?


 

 三重県は、全日本予選で優勝チームが静岡県で開催される中日本大会で準優勝が大阪で開催される全日本大会なのです。

 伊勢ゴールデンスターズは、決勝で明生中学校に敗退し、見事?全日本への出場が叶ったはず?だったのです。



 そこで、前述のどうして?



 優勝した明生中学校が、中学東海総体への出場を決めたためにウチは『繰り上がり』で中日本出場になりました。


 ということは?

 ウチのようなクラブチームは、東海大会や中日本大会以外の全国規模の大会には自力で出場できないのです。


 予選で・・・

 優勝:中日本
 準優勝:全日本
 三位:無し

 が、

 予選優勝チームが東海総体出場(県準優勝以上)したら、
 準優勝:中日本
 三位:全日本


 予選優勝及び準優勝チームがともに東海総体出場したら、
 三位:中日本
 四位:全日本

 となるのです。


 ということで、よ~く考えて見ますと、三位になることが全日本出場への一番近道であるかも分かりません。

 今日の組合せ結果を見て、う~んっと考えさせられました。


 まあ、今年は中日本に出場できただけでも幸せだと思わなければならないが・・・


 来年も自力では全日本に出場できないというもどかしさもチラリ。

 お偉いさんが来年のことはまた考えようといっていただいたことで期待をしています。

 しかし、来年も優勝や準優勝できるとは限らないし・・・



 グダグダ言っても仕方ありません。


 中日本で頑張りましょう!

選手集め

 UKIUKIスピードは6年生を除くと5名しか残りません。

 まだチームが出来て5年です。

 何とかしなければなりません。

 中学生のOGや現在の選手の殆どは、1件1件勧誘にまわりました。
 しかし、それも限界に来ています。

 そこで、苦肉の策として、チームの顧問をしていただいている会社の社長さんにお願いして関連会社全てに
チラシと、入団説明会としてプレゼンをさせていただきます。

 何箇所か回るため、現在はその資料作りに追われています。

 熊野に行って、また小学生とソフトボールがしたくなりました。
 原クラブ、NARUMI、NEXUSジュニア、宇和島、志都美、横須賀、あきる野、多肥、ホワイト、桔梗等々仲良くしていただいている監督さんたちと会えて無限の可能性を秘めている小学生ソフトボールの素晴らしさを実感しました。

 でも、現在私は中学生の監督です。
 
 中学生ソフトボールの目的は、心身の育成はもとより、技術、体力を向上させ、高校以上で通用する選手育成です。
 それはそれで楽しいのですが、とにかくUKIUKIスピードをもう一度立て直すことが一番だと思っています。

ガールズリーグ近畿四国大会&お伊勢さん中学生ソフトボール大会

 伊勢ゴールデンスターズは、ガールズリーグ近畿四国リーグに加盟させていただいております。

 リーグ主催の大会が、毎年春と秋に開催されるそうです。

 ウチは、何も分からないまま、4月2日3日に明石で開催された春季大会に出場させていただいて、Pクラブに完膚なまでに叩きのめされた。

 そこから中学クラブチームの意識の高さに驚愕し、実力はまだまだですが、クラブチームが故の意識の高いソフトボールを目指すことができた。

 さて、その秋の大会ですが、リーグに加盟していないけど招待チームとして出場していただけるチームを募集しております。
 期日は9月23日24日です。
 1,2年生の新チームでの大会になります。

 現在の参加予定チームは
【加盟チーム】
 明石Pクラブ(兵庫)
 南大阪サンダース(大阪)
 大東ウイナーズ(大阪)
 香南クラブ(香川)
 舞鶴マリンガールズ(京都)
 ドリームマイヤーズ(和歌山)
 伊勢GOLDEN☆STARS(三重)
【招待チーム】
 5START(静岡)
 AAA(愛知)
 名古屋西レディース(愛知)
 ハッピーフレンズ(愛知)
 若穂ソフトボールクラブ(長野)
 岐阜NEXUS(岐阜)
 紀州ウイングス(和歌山)

 
 16チームまでなら何とかできると思います。
 是非ともお伊勢さんにお越しください。

練習再開

 今日のナイター練習で、UKIUKIメンバーの殆どが揃っていました。

 ぽっかり穴が開いちゃって、何人来るだろうと思っていたのでビックリしました。

 子供達には、「これで終わりなら、良く頑張ったね。残念だったね、十分だよって声をかけるけど、君たちはこれで終わりじゃないし、今日だって来週のびわこオープンのため、その次の大会のため、中学校に行っても頑張るためとか色々頑張ることが待っているから、あえて反省会をしよう」って30分くらいミーティングをしました。

 UKIUKI選手達の眼はまだ死んではいませんでした。

 「明日は、伊勢から掛川桔梗を応援している」
 「なんせ、あの桔梗に練習試合だけど勝ったんだからね」

 なんて、明るい声も聞こえました。

 私は、ゴールデンスターズに戻りますが、この選手達、そしてUKIUKIスピードを何とかしなきゃって心に火がつきました。

頑張れ! 掛川桔梗

 明日、決勝戦です。

 明日の試合には、掛川桔梗・萩田監督の積年の想いがいっぱい走馬灯のように駆け巡っているのではないでしょうか。

 今日の夕方、「ありがとうね」って電話がありました。

 一回り以上年上の大先輩に「何がありがとうですか!明日ですよ!」って言いました。

 春の全日本は大本命と言われながら中止になって、正直これで夏まで桔梗さんがこのテンションを上げるのは難しいかと思っていた。
 ところが、この夏に賭ける想いはどの監督よりも強かった。

 色んなところに勉強に行き、春よりパワーアップした掛川桔梗が熊野にやってきた。

 ブログを拝見すると、お気の毒に親父達が夜中に五目並べをさせられている。
 早朝からグラウンドを見に行き、初日は、私と一緒に各会場の試合を本当に楽しそうに、解説いっぱいで観戦されていた。

 「このおじさん、きっと日本一小学生ソフトボールが好きなんだろうな」なんて、強く思いました。

 それと同時に、「絶対準決勝で対戦したい」とも思いました。

 UKIUKI&私の無力な采配により、対戦は叶わなかったが、絶対明日勝って欲しい。そして勝たせてあげたい。

 力は、色んな方の話を総合すると桔梗の方が上だと思う。

 ひまわりの投手をどう打つか?これが焦点であることは承知されていると思う。

 大技だけでもなく、桔梗は小技も使える。

 監督の長年の経験を存分に出し切って、1点差でもいい、是非とも初優勝は三重県で勝ち取って欲しい。

 頑張れ!掛川桔梗 頑張れ!萩田浩二!

試合を振り返って

 7月から安山監督が週末の仕事で練習に来れなくなり、私が中学生と2足のわらじを履くことになりました。

 監督と相談して、どうしたら日本一になれるか考えました。

 投手力は◎守備力は○打撃力は△走塁は○

 といったところでしたが、勝つには相手をばたつかせる走塁をとこの1ヶ月間徹底させました。

 それが・・・

 選手一人ひとりを把握して、そして、一定のレベルまでこの1ヶ月では出来なかったのかもしれません。

 試合を振り返ります。

DSC_0057.jpg
 気合はかなり入っていました。
 前日に桔梗さんと練習をさせていただいて、相手も調整でしたが下手に1-0だったこと。そして、相手チームの1回戦を見て「守備力は素晴らしい、打撃もまずまず。しかし、投手の制球力が無いから大丈夫だろう」とたかをくくってしまっていました。

 運命の1回表。
 この攻撃で、勝負がかかっていたのです。
DSC_0058.jpg
 最初は制球力が無いと踏んでいたので当然「待て」のサイン
 しかし、結局2-3となり最後の一球をセンター前クリーンヒット。
 ファールで粘って四球を選んでと思っていた私より打者の方が上回っていました。

 捕手の肩はまずまず。初回だし、投手の制球が乱れれてくるかもとバントで揺さぶる。
DSC_0059.jpg
 三塁が空いたのを見て1死3塁となり打者はメイ

DSC_0061.jpg
 勝負はしてもらえなかった。
 しかし、1死2,3塁

 サインはセフティースクイズ。
 2回失敗したが、2球ともボール球。このあたりの見極め。慌てることはない。確実に転がせばというところ。
 しかし、投手は球威は無いから当てることは出来るとセフティーエンドラン。
DSC_0063.jpg
 当然思い切ってホームに突っ込むのだが、走者が後ろを振り返ってしまった。
 クロスプレーでアウト。
 この時期にこれをしてしまっては辛い。
 フィルダースチョイスなら、なおも2,3塁の場面。相手が焦って制球を乱したりバタバタさせる絶好の機会を失った。
 しかし、ピンチを凌いだのに、突如制球が乱れた。
 次打者四球の後、2死満塁でワイルドピッチで先制。
 
 このプレイで、私は2塁ランナーをホームに突入させた。
 三本間で止まって戻る振りをしてホームに突入の練習を何度も繰り返してきた。
 真ん中で止めたが走者は本塁に突入してアウト。

 1点しか取れなかった。この回の攻撃が全てであった。

DSC_0064.jpg
 相手投手も前日とは打って変って制球が良い。というか初回の拙攻で調子に乗せてしまった。

DSC_0065.jpg
 逆にメイは前日の桔梗戦と全然違う投球内容。球威も制球も全く無い。
 これでは、練習を重ねてきたドロップも投げることができない。

DSC_0073.jpg
 ベテランの監督さんの表情から「なんだこりゃ」って感じ。

DSC_0079.jpg
 同点で迎えて、高めに抜けたボールをセンターオーバー。
 この送球が大きくすっぽ抜けてランニング本塁打。
 芝生が濡れていたのをスタッフが知らなかったのがダメ。

 その後も同じミスで2点献上。
DSC_0080.jpg
 
 これだけ、ミスが出れば勝てない。 
 しかも選手たちはまさか負けてしまうと表情がこわばってきた。

 DSC_0076.jpg
 監督から「大丈夫だ、落ち着け」と何度も何度も指示が飛ぶ。

DSC_0083.jpg
 まだ勝利の女神は見捨てていなかった。

 6回表、急に制球を乱して、8番打者は四球。
 9番打者には、初球待てのサイン。

 なぜか高めの球を空振り。
 2球目も高めの球を空振り。完全に冷静さを保てていなかったようだ。三振の後、1番打者でセフティーのサイン。
 昨日もビッシリ練習して捕手と投手の間にぼてっと転がす。
 この選手は春から見違えるほど成長している。打撃も小技も、そして精神的にも逞しくなった。
 一塁はセーフ。
 そして一塁ランナーを止まれと指示したのだが・・・・

DSC_0084.jpg
 サードに突っ込んでアウト。
 このプレイで完全にエンド。

 投手は制球をもっと乱したかも。しかも次打者がアウトでもランナーを二人置いてメイまで回る。
 ここで勝利の女神は去っていった。

 しかし、この選手を責めてばかりではない。
 色んなパターンを想定した走塁を教えてきて、それを中途半端なまま大会に入っていった私の責任も大いにある。
 試合中も自虐的になって、監督に采配間違ってないかな?なんて聞くこともあった。
 
 「あと1回攻撃が残っている。勝ちを意識した投手はまだ崩れるかもしれない。この回シッカリ守って最終回頑張ろう!」と監督から檄が飛ぶ。

 2死となり、残り時間は何とあと3分。「早くしろ!」と言う言葉を聞いてか、相手ベンチは「タイム!」

 ランナーをベンチにまで帰してしまった。
 なんとコレで時間切れ!

 相手チームの指導やマナーに敬意を表していたが、最後はちょっと残念な結末でした。

 悪いところが全て出た試合でした。
 初戦の怖さ、相手は2戦目。

 しかし、そんなことは言い訳ではありません。このメンバーは昨年の日本一と夏の準優勝の岩手もベンチで経験しています。
 気負ったか?長田の采配ミスもあったか?余分なことを教えすぎて迷わせたか?
 走塁の判断ミスが勝敗を左右したこのゲーム。

 小学生女子に判断力を植えつけるのは難しい。

 メンバーは5人になります。

 いつか全国にUKIUKIスピードとして帰ってきたいと思います。
 

戦い終わって

 今日でほぼベスト8が出揃ったのかな?
 宇和島 多肥BW 桔梗 池田 北っ子 ひまわり 黒田原 ビッキーズらしい?

 下馬評どおりです。

 2回戦敗退したUKIUKIですが、振り返ってみますが、やりなおしても上記に名を連ねることは出来なかったと思います。
 自分の采配を含めて、負けるべくして負けた。
 
 頑張った。努力した。そうなのか?努力の仕方だったのか?努力しつもりだったが、足りなかったのか?

 日本一なるものはそう簡単にはできるものではありません。

 6年生はまだ引退しませんが、来年に向けて5人でスタートします。

 きっと「再び伊勢から日本一を」を目指して頑張ります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。