FC2ブログ

まだまだ未熟な采配

 今日は、掛川大会でUKIUKIが優勝し、ゴールデンスターズは東海新人伊勢度会予選で優勝し県大会出場を決めました。

 UKIUKIは、この最後に来て良く頑張っていると思います。

 安山監督が、3ヶ月ぶりに復活して采配して気合が入ったのでしょう。

 安山監督にとっても嬉しい優勝だと思います。

 残り、東員大会、夕刊三重旗大会になりますが、5年生以下を育てつつ6年生も残りの試合を頑張って欲しいと思います。

 さて、中学生は伊勢度会支部予選で5チームの中1チームしか行けない県大会枠を何とか頂けることになりました。

 決勝はやはり度会中学校さんで、3回終了時に4-0でリードした後、4回に無死1,2塁で3番打者に強振させて三振。4番打者もプレッシャーがあり倒れて無得点。
 その後も無死2塁とチャンスを作るも、盗塁等で動いて追加点はならない。

 今朝から打撃練習をしている時に、調子の良い打者にはランナーを送る場面でも強振させてしまっている。
 いつものパターンから変えてしまっている。これは、4-0になって慢心したのかもしれないし、こんな大事な試合で大味な采配を振るっていた。

 確実に1点づつ追加していかなければならないのに、完全に私のミスで結果的には4-2と危ない試合となった。
 5回裏相手チーム攻撃中にもストップウォッチは残り2分であった。
 得点は4-1。

 先日の中日-広島戦で落合監督は同点狙いで時間稼ぎ。
 コメントに「連盟が作ったルールなんだから利用するしかない」

 それが脳裏をかすめたが、好ゲームに水をさすと次の回にすすめた。

 最終回は冷や冷やで勝利。

 やはり、大会に出場している以上は勝つための采配をしていく必要があるのだと再認識した試合でした。

 度会中さんの左腕は素晴らしかった。また、ウチの変な走塁にも落ち着いて対応していた捕手はもっとすごかった。
 久々に疲れた試合でした。
スポンサーサイト