FC2ブログ

ユーティリティープレイヤー

 ゴールデンスターズは一人で複数のポジションを守れるように指導しています。

 確かに、チーム力を上げるには、一つのポジションだけきちんとこなしてくれることによって、監督としては楽なのですが、今後同じポジションでライバルが出てくることは当然予想されるし、複数のポジションをこなせるようになることによる効果はかなりあると思っている。

 例えば、現在捕手の選手はUKUKI時代は投手兼遊撃手であった。遊撃手をしている時のフットワークが生きているし、投手として全国の舞台を経験しているので投手心理も把握している。

 左翼手も全国大会を三塁手で経験しており、ゴロ捌きは上手なのだが後方のフライは苦手としていた。それが外野を練習したことで、二塁を守った時でもフライの守備範囲は非常に広くなった。

 投手にいたっては、投手しか出来ないし、今後他の守備位置をすることは無いと断言できるのだが、内野をすることでフィールディングが良くなるだろう。

 いずれにしても、練習試合で内野外野をそっくり交代なんてこともしていくつもりで、どこでどう変わるであろう中学生時代にひとつのことに固持せずに、柔軟に選手の適正を見極めて伸ばせてあげられたらと思っている。
スポンサーサイト