FC2ブログ

打撃のポイント

 現在、中学生はある程度バッティングフォームがきれいになってきた。

 中学1年生にしては、十分きれいになってきたように感じている。

 しかし、今までより高度な技術を指導しているうちにポイントがずれてフォームが崩れてしまってきている。

 中学ソフトボールは、徹底してアウトコースを攻めてくることが多い。

 狙い球は?
 ・ホームベースに目いっぱい近づいてその得意のアウトコースを狙う。
 ・厳しいアウトコースはカットして甘く入ってきたボールだけ狙う。
 
 となるはずなのだが、そこにインコースが来た場合クルッと回っちゃえスイングをさせているのだが、非常に上手くいかないし、直ぐに上手くいくはずもない。

 アウトコースを攻めてくる場合は、当然ポイントを後ろに置いているのであるから、変化球にも対応しやすくなるし、ボールを長く見ることも出来る。
 
 しかし、先日の度会中戦で、3番打者と9番打者と4人いる左打者のうちこの2人にはその指示をしたが全くもって打てなかった。これは、私の指示のミスであることは間違いない。
 アウトコースいっぱいのクロスファイヤーを狙っていてインコースが来たら体を素早く回転して反応しろって言ったのだが、それにはかなりの訓練が必要なはず。

 結構反復練習をしたつもりだったが、この試合で2人ともインコースを空振り三振して、これは無理だと感じたのだ。

 インコースに体が反応してクルッと回ったとしても、3番打者はカタリストの710グラムのトップバランスのバットを目いっぱい長く持たせている。9番打者にいたっては、力不足であり、ボールに負けないようにと760グラムのAX4を若干短く持たせて振らせている。

 それに腕の長さを考えたら、体の回転と同時に腕を畳んでグリップからボールにバットをぶつけていかなければならない。
 そうなると、準備時間が足りなくなってしまい、差し込まれたようになりバットは出てこずに対応が出来なくなる。若しくは体が開いてファールになるのがおちかもしれない。

 そうなるとインコースを待っていて、ホンのホンの少しだけ始動時間に余裕のあるアウトコースに対応するようにしなければならないのかもしれない。
 当然バッティングチャンスカウントでは、ヤマを張ることも大切だと思う。

 よく、相手チームで選手がコースを声で教えていることがあるが、反って逆球を投げられるので私的には毎度毎度はどうかと思う。
 それよりも何とかコースを読まなくても、甘い高さに来た時はストレートでも変化球でも対応できる打撃技術を中学生時代に出来るようにしておきたい。

 結論はまだ先だが、「インコースを待って体の軸回転で打つ。アウトコースが来たら扇子を少し広げるようにして下半身を絞って体の内側から外にバットを出してあげれば逆らわずに逆方向にきれいに飛んでいくはず?」

 この技術を身に付けるには試合より練習ですが、この理論はどうでしょう?

 社会人やプロでバリバリ活躍している人にとってはたやすい事かもしれませんが、難しいですね。

 
スポンサーサイト