FC2ブログ

スキルアップとパフォーマンスアップ

 スキルアップとかパフォーマンスアップ等外国言葉で書くとかっこよく聞こえますが、技術の獲得と、総合的な実力の獲得と言えるのではないでしょうか?(間違っていたらこめんなさい)

 現在オフに入ってスキルの向上に力を注いでいます。

 確かに、スキルアップがパフォーマンスアップには欠かせないのは当然だと思いますが、スキルアップだけでは競技能力の向上に繋がらないと思っています。

 実際プロ野球のスカウトは、試合で観察してスキルが良いだけの選手は取らないそうです。
 筋力、スピード等の身体能力に、判断力や試合での勝負強さ等を総合的にチェックするそうです。

 UKIUKI監督時代に、練習試合をかなりこなして、色んな戦術を駆使して、判断力を養わせ、また、瞬発力や動的柔軟性を高めてきましたが、これらがパフォーマンスアップには必要です。
 
 スキルアップは、個人差はあるものの同じ動作を続けていくうちに身についてくるものだと勝手に考えています。小学生でも守備ではショートバウンドや逆シングルが出来るようになるし、ひょっとしたらというかたぶん、背面キャッチですら訓練すれば出来るようになるのではないでしょうか?

 100メートルを小学生が11秒で走ることやウインドミルで100キロを投げることは無理だと思いますが、これはパフォーマンスだと思います。

 だから普通のゴロをきれいに捌いたり、スローイングの軟らかさ、波打たないスイング等のスキルはひょっとしたら小中学生時代の方が体得しやすいのではないでしょうか?
 考えずに、難しい動作を覚えることが、究極のスキルアップではないかと思います。
 そうなると正しい指導をしていく必要があります。

 1月2月は、スキルアップ強化月間として、3月に入って東海大会も控えることですし、パフォーマンスアップをしていくつもりです。

 これが正しいかは、素人の私で理解できませんので、29日に阪堺病院で色々学んできます。
スポンサーサイト