FC2ブログ

守備の重要性

 今日は、岐阜NEXUSをお招きして、W-SPACKの木村先生にお越しいただいて、打撃や守備に通じる体の有効な使い方についてご指導いただいた。

 先生の指導はいつもながら素晴らしい論理で、選手達が将来に役立つような身体能力の向上について指導いただいている。

 NEXUSもウチと目的が同じで、高校に入学してから通用する選手育成に力を注いでいるので、今日の合同練習を実施するに至った。

 さて、一日中体の使い方の基本を中心に指導いただいたのだが、とりわけ守備での動き方を重点的に午前中は指導いただいた。
SN3S0441.jpg
 私は、左投げ左打ちで外野しか経験が無いので、内野のことは理論上だけで経験で指導することは出来ない。

 しかし、野球中継などを見ていても、動きが速く、かつ、しなやかに動く内野手をみて惚れ惚れするし、どうやったらああいう動きが出来るのかと思っていたが、先生に指導いただくとなるほどとうなることばかりである。

 実業団の選手を見て、素晴らしいしなやかな動きをされる選手が殆どだが、なかには、肘を無理やり肩の上に上げて、足を交差させて体をひねってスローイングすることがあるが、自然にしなやかな動きができるようになるはずだと確信した。

 ちょっと守備にはまりそうで、色々考えて、昔のロッテの小坂選手や阪神の久慈選手の動画でも見て勉強していきたいと思う。

 明日は、東海大会以来の実戦で、失敗させて頭を打たせて次に繋がるような試合にしたいと思う。
スポンサーサイト