FC2ブログ

挨拶で負けないぞ!

 私の挨拶の指導は最低でした。

 以前にも書きましたが、職場での声出しの指導はできても中学生女子には指導できなく諦めかけていたのも事実です。

 そんな時・・・

 山下総帥から神の声がありました。

 「声を出して、一所懸命頑張った選手には必ずソフトボールの神が舞い降りる」

 私は少ししか聞いていませんでしたので、現在選手達にレポート用紙にその貴重なお言葉を頂いた内容と、3日間の反省文を書かせています。

 私が、1年間かかっても出せるように出来なかった元気満タンの声を山下総帥はたった20分で響き渡る声出しができるまでにしていただきました。

 「ありがとうございました!」
 「やり直し!グラウンドの端までダッシュ!」
 「ありがとうございました!」
 「やり直し!もう一度ダッシュ!」
 「ありがとうございました!」
 見る見るうちに声が大きくなって、終いにはグラウンドいっぱいに響き渡るような大声が出せるまでになりました。

 私自身途中まで冷や冷やもんでしたが、最後の響き渡る声に感動してうるっときてしまいました。

 私は今まで何をしてきたのか・・・
 
 今度選手と会う12日に果たしてこの声が出るのか・・・

 う~ん。心配です。

 いや、選手を疑ってはいけません。信じることできっと変わってくれるでしょう。

 しかし、しかし、非常に非常に楽しい丹波篠山でした。
スポンサーサイト



充実のGW

 素晴らしく充実したGWでした。

 3日の須磨ノ浦高校での合同練習は、刺激たっぷりで選手たちは高校トップレベルを身近に感じて、また憧れを抱いたに違いありません。
 急遽のお願いに快く対応していただいた、I先生ありがとうございました。

 さて、4日5日の篠山キャンプ。
 
 UKIUKI監督時代に岩手で激戦をした元ビッキーズの面々とも会うことが出来ました。
DSC_0625.jpg
 エースのCちゃんは、やはり抜群のセンスの持ち主でした。
 中学でもそのセンスは光るものがありました。

DSC_0631.jpg
 ビッキーズ⇒樫原中とエリートコースを歩んでいる彼女たちはきっと全国区になることでしょう。

 写真はありませんが、前日にはもと宇和島チェリーズM&Kがいる宇和島城北中学校との対戦もありました。
 しかしながら、その試合はウチの選手たちは集中力が無く精彩を欠き、試合になりませんでした。

 本当に申し訳ありませんでした。

 この宇和島のM&Kは2年生では頭抜けていると思います。

 気持ち、技術ともに超2年生だと痛感しました。

 樫原バッテリーとともに、来年の中学校大会では目立つ存在になることでしょう。

 こんな選手達と小学生時代ライバルにしていたなんてゾクッとしました。

 近いうちにまたこの3チームで再会したいと思いました。

 やはり小学生時代の夏の全国ベスト4にはこの選手達がいたからだというのがうなずけました。