FC2ブログ

グラウンド対策

 昨年の岩手花巻での小学生大会は、花びらのようにきれいに4面グラウンドがあり、その周りにも同じようなグラウンドがあった。

 急な雷でゲリラ豪雨があっても雨が止んだら15分程度でもう水はどこにもなかった。

 今年の熊野のグラウンドも、負けないくらい良いグラウンドであるが、場所は2箇所に分かれる。

 そして、メイン球場では三重県で一番素晴らしい野球場で、ブルーのフェンスに丸い照明灯、黒土のきれいなグラウンドだ。

 しかし、今大会のボールは、ケンコー製?で、黒土の細かい土がボールのゴムの中に入り込んでしまって、投手は滑って投げにくい。
 後ろにも、簡易ネットは立ててあるだろうけど、その後ろまで見てしまうと、ホームベースが遠く感じてしまいうこともある。

 そこで、21日に監督が休みであるので、伊勢市内の野球場も木曜日は空いているようで、マウンドと黒土と、広さに目を慣らす為に練習することになった。

 UKIUKIがA球場で試合するのは1回勝たないとできないのであるが、勝った時のために万全を期すことも必要だと思う。

 熊野まで高速道路が通ったら、きっと高校野球の予選もこのグラウンドで行われるだろう。
yamasaki[1]
 画像は「熊野の宿」から拝借しました。
スポンサーサイト



この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック