FC2ブログ

小技も必要か?

 以前このブログで書いたことがあるが、私はスラップ打法なるものが好きではなかった。

 当時は、野球式で考えていたこともあって、スラップが良いなら野球でもするはずとか理由を付けてスラップには目もくれなかった。

 桔梗監督もブログで意見を言われていたが、そのとおりだと思うし、今でもガンガン打てるようになりたい。
 また、ソフトボールを世間から人気を得るためには、打つことが大切だと思う。

 日本のトップレベルの方々が、考えているのでそれなりの根拠があるのだろうけど、今春にルネサス高崎と豊田織機の開幕戦を見に行ったが、上野投手からはバント、スラップ等が多くて振り切っている場面が少なかったように思う。教え子の西井春菜が高打率を残していても出場機会が少ないのはぶんぶん振り回して小技が出来ないからかもしれない。

 私自身も基本は、打ち勝つソフトボールを実践したい。

 また、これからもその信念は曲げずに打撃力の向上に務めるつもりだ。

 しかし、いつまでも私が指導するわけでなく、高校、大学、社会人と進むのであれば最低あと三人の指導者から仕えることになる。

 そのためにも、先日書いたようなユーティリティープレイヤーにもならなければならないし、左打者はスラップは当然のごとく、右左関係無くバスター、プッシュバント、セフティーバント、ドラッグバント、チョンかけヒッティング、叩きつけ等の小技も覚えておかなければならないのかなあ?なんて思いもあって、今日はその練習も取り入れた。

 確かに、スラップ打法は、陸上競技のフロートのように出足があると内野ゴロがセーフになる。

 なるほどなあ。と納得しながらも試合で使うかどうかは今も迷っているところである。

 まあそれはさておき、今日はノックだけで3時間、バッティング投手で2時間。

 腰に湿布が必要な歳になってきた。
スポンサーサイト



この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック