FC2ブログ

攻めるエラー

 エラーをすると、多くの人はガッカリします。それは表情にも表れるし、その次のプレーにおいて選手の気持ちも下がってしまい、負の連鎖になることがよくあります。

 私は、なるべくエラーを責めることはしないように心がけています。

 ただし、攻めるエラーはですが・・・

 その大昔、中学2年生の時、静岡県草薙球場で行われた東海大会準々決勝でライトを守っていました。1点差で負けていた中盤ぐらいだったと記憶していますが、ランナー1塁でふらふらとライン際にフライがきました。私は、無我夢中で打球を追って自然に飛び込んでいました。ボールはグラブに当たりファールゾーンに転げて、3塁打となりその1点がダメ押しとなって敗戦しました。

 1点差で、かつ、中盤であったのでポテンヒットにするべきだったのか?当然打球が飛んでくる前に予測していなければなりません。

 このとき、先輩から「なぜ飛んだ」と叱責されましたが、監督は「良く攻めた」と誉めてくれました。

 微妙なプレーだったと今振り返っても思いますが、ポテンヒットにすればもっと悔やんでいたかもしれません。

 私のどうでも良い昔話から無理やりくっつけますが、野手は打球を処理する場合に、
 ・投手の配球(コース、泳いだ、差し込まれた等)
 ・打者の打撃フォーム
 ・相手の攻め方(アウトカウント、ランナーの有無)
 ・打者の特徴

 などを考えて、投球がバットに当たる前に動いて準備をしますが、要は守備範囲だと思います。

 よくプロ野球でも普通にさばいて、普通のプレーだと思うプレーが実際は、色んな読みや予測があって見えないファインプレーだったりすることがあります。

 子供の時、大洋の山下大輔遊撃手(古すぎ?)が無失策記録が途絶えた時に、子供の私が「難しい打球だったので捕らなければヒットだったのに」と思ったことがありましたが、そんなことを考えていたら、素晴らしいプレーは生まれないのだと思います。

 エラーしたら、また練習する。その繰り返しです。

 攻める守備は責めてはいけないと思っています。
スポンサーサイト



この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック