FC2ブログ

打席での迷い

 今日の中井大介は、予想通り1番でスタメンでした。

 日ハムの吉川投手の内角に切れ込んでくるスライダーに150キロの真っ直ぐとチェンジアップの緩急で手も足も出ないと思っていましたが、2ストライクと追い込まれてから同点に追いつくきっかけをつくる、三遊間を抜けるレフト前ヒットを放ちました。
 あれが無かったら、小笠原のサヨナラ本塁打も無かったはずだから、評価は高かったはずです。

 さて、大介は落ち着いて打席に入っているだけでなく、追い込まれてからも迷いが無くなってきました。

 それは、軸がしっかりしているから真っ直ぐを待っていても変化球をファールできるようになっていると思います。追い込まれるまでは強振しますが追い込まれてからはポイントを手前にして引き付けて変化球にも対応できていると思います。

 ゴルスタの選手にも追い込まれたら、勝負掛けるために三振しても良いからと思い切り振らせるサインとポイントをアウトコースの位置にずらして手前で打つサインと作っています。

 この先下半身がしっかりしてきたら、自分自身で考えて、追い込まれてからも対応できる打者となっていけると思います。

 でもそれは常日頃から、自分で「なぜ」をいくつも作って答えを模索できる選手が自立できるのだと思います。
スポンサーサイト



この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック