FC2ブログ

東海大会初戦 対池田ソフト(岐阜)

 今日は、もう練習は完全休養にしました。そこで、朝から試合のビデオを観ながら自らの指揮を反省していました。
 初戦の池田ソフト
 情報はあまりなかった。大野ジュニアsuzuboboさんブログで拝見していて投手が中心のチームだと予想していた。全くもって失礼なのだが、人数の少なさと試合前の練習を見学させてもらってこれはもらったかな?なんて思っていた(全く恥ずかしい)
 プレーボール
 P3211002.jpg
 おおッ!スピードがあるし、球質は重たそう。まあ、しっかり転がせば大丈夫だろう!ところが、みんな振り負けてしまう。投手ゴロのオンパレード。コントロールも良いし四球も無い。それじゃあってことでバントを試みるも投手のフィールディング抜群で三者凡退の連続。
P3211020.jpg
 ランナーが揺さぶりをかけても動じず、キチンと送球が出来てアウトされる。それに投手の球威は回を追うごとに増してくる。「この投手の球、ここ最近に対戦した中で一番速いよな」選手が言ってくる。
P3211009.jpg
 ウチの投手も何とか踏ん張るが、下位打線のちびっ子選手相手にストライクを取るのに四苦八苦。
P3211015.jpg
 この13番のい選手にかき回されてピンチを作られる。大野もこの子にてこずったみたい。
P3211018.jpg
 3年生メイちゃんが2塁打を放ち、送って内野ゴロの間に先制点。躊躇せずにホームに駆け抜けてきました。
 最終回も一打サヨナラのピンチがありました。正直、これだけ緊張感のある試合は子供達は初めてだったと思います。やはり岐阜県代表。試合前に余裕を持ってしまった自分を反省です。
P3211028.jpg
 少ない人数なのに素晴らしかったです。これで、ちょっとは勢いがついたのと緊張がほぐれたのです。
スポンサーサイト



この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック