FC2ブログ

東海大会準決勝 対NARUMI

 初戦を薄氷の勝利で、準決勝は事実上の優勝戦かと言われた掛川桔梗にコールド勝ちして勢いのある超名門NARUMIさん。こんな本番の大会で対戦できるなんて夢のよう。試合前青山監督から、待ち望んでいましたよって声をかけていただいてちょっと感極まる。
 さて、初回なんでもないゴロをサードが緊張からか相手のユニフォームにビビッてかまさかの大暴投で1点先制を許す。相手投手は左の緩急を使った制球力が持ち味の投手。初戦を前監督が見に来ていたので、タイプを変えて惑わす作戦か?
 P3211030.jpg
 投手も、調子が悪いながらに思い切りがあったので、要所を締める好投。
P3211038.jpg
 このタイムリーが大きかった。左投手特有の内角をえぐる球の対策は講じてきたが、この投手はアウトコース中心。外の球を逆らわずに満塁からのタイムリーヒット。これで勢いがついた。
P3211039.jpg
P3211045.jpg
 投手が代わってもセンター中心にキッチリ仕事が出来た。
  途中で8-2「監督やりましたね」「まだ試合は終わってないよ」って言いながらもちょっとは「やったかも・・・」って思った次の回
P3211052.jpg
 フライポロありワイルドピッチありイージーゴロポロありああっ!ああっ!ああっ!気の緩みも手伝って連発エラー続出。タイム!
P3211048.jpg
 ここで、「何をやっとるんや!焦るな!普段の自分達のプレーをしろ!」って言いたかったのですが我慢して「別に用事無いけどね。ちょっと疲れてきただろうから休ませてあげようと思って・・」みたいなたわいもない話をしてベンチに帰る。
P3211053.jpg
 何とか3点で収まったが3点差。次の回アウトコースを狙わせて2点追加。これが大きかった。
 P3211056.jpg
 90分で7回出来なかった。乱打戦。試合終了。一気に体中の力が抜ける。
P3211057.jpg
 誇らしげな子供達とハイタッチ。公式戦でNARUMIに勝てるなんて夢のようでした。きっとこの試合で精神的にとてつもない成長があったと思います。また、試合観戦していた保護者も変わってくれるはずです。決勝は出来なかったけれど、堂々の優勝だったと思います。何かチーム結成当初の苦労が一気に吹っ飛びました。



スポンサーサイト



この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック