FC2ブログ

バットは?

 バットは長く持たせますか?短く持たせますか?よくスピードのある投手と対戦するときは短く持ってコンパクトにとか言います。それは当然正解ですよね。長く持つと遠心力ができて遠くに飛ばすことが出来ます。また、小学生だとアウトコースいっぱいの球が届きます。が、私は、全員に短く持たせています。それは、打つポイントを少しでもキャッチャー寄りにして、手前から押し出すバッティングをさせたいからです。ポイントを手前にすることで変化球にも対応できます。ボールを叩くのではなくて押し出すことで打球の伸びが変わると思っています。(力があれば)だから今、3年生、4年生ではもちろん6年生でもキツイ感はありますが、将来生きてくるのではと思っています。前に出てきた中井大介なんかは、中学3年生まで指導してきましたが、小学6年生で78センチのバットを初めて長く持たせ、中学2年生の秋までは83センチを2グリップあけさせて中学3年生になって半グリップにしました。身長が150センチを超えるまでは79センチのバットを短く持たせて、かつ、ポイントを覚えたら長く持たせてみようかなって今思っています。もし、対戦するチームの方が今ご覧になっていればアウトコースを攻めてください。絶対届きませんから。そうされることで、更にポイントをキャッチャー寄りになって短く持っても外が当てられるようになりますかもです。
スポンサーサイト



この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック