FC2ブログ

父兄との一体感

 掛川桔梗さんが週末お越しになるが、私が二軍戦を観戦に行ったり、夜祭りに行っている間に、父兄の方々が、桔梗さんをお迎えする準備を着々と進めてくれていた。代表は、グラウンドの草刈を昨日今日と、マネージャー以下お父さん達は、配車とグラウンドの草抜き、整備及びネットの用意等、お母さん達は各々役割分担を決めていた。答志軍団は、バーベキューの会場設営。何か桔梗さんが来てくれることで、ウチの組織改善をしにきてくれたのかも?これで、チームに一体感が出来て保護者の皆さんが「オラがチーム」という雰囲気になってくれればきっとチームは強くなる。
 色々想い出が蘇る。
 少年野球の監督時代、当時28歳の私は、ある父兄に「若造の言うことは聞きたくない」と言われた。その父兄の影響でグラウンドから他の父兄もだんだんと遠ざかっていった。その時に記念大会を催した時、その親以外の父兄とみんなが頑張って大会を成功させた。それからチームに一体感が出来て、私も父兄に認めてもらえた。そんな時チームは強くなる。
 昨年、初めてGWに桔梗強化練習試合にお邪魔するとき、泊りで行きたいが父兄の皆さんにお願いするのに悩んでいた。その時に「生きた金にするから強引に引っ張っておいで」と桔梗監督に言われ、父兄にお願いしてUKIUKI初めての泊りの遠征を敢行した。それからチームは変わって、その時に桔梗の父兄の姿を見ている父兄が今まさに一生懸命準備に奔走している。きっとこの週末でUKIUKIスピードはもっと変わって、一体感が出来る素晴らしいチームに変貌するような気がする。
スポンサーサイト



この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック