FC2ブログ

近年の高校野球

 私は、ソフトボール暦は昨年壮年の部で1年間(県大会だけ)プレーしただけで、高山樹里さんが日体大の時に、日本代表だけ少し見たことがあるだけで、今と昔とプレースタイルがどう変わっているかわからない。でも野球はずっと見たり指導したりしてきたから少しはわかっているつもりだ。
 今年の高校野球は、仕事を早く切り上げて見た第4試合のナイターだけテレビで見た。すると、あまり聞いたことの無い無名の高校でも140キロ近く投げる投手が2枚いる。というかスピードガンがおかしいのではと思えるくらい、速い球を投げる投手が多かった。私が高校球児であった20数年前は140キロを投げる投手はいなかった。桑田や中山がかろうじて140キロで、PLと対戦した宇部商の2番手投手が138キロ投げて2番手なのにと驚いたのを覚えている。
 しかし、いくら140キロ超えの速球を投げても打たれるのである。花巻の彼も5被本塁打。西条の豪速球投手も本塁打で甲子園を去った。準優勝の日本文理は昨秋には単打しかでなかった打線が打撃練習ばかりして打撃力で準優勝までこぎつけた。投手は、球威は無いがチェンジアップを巧みに操る。一方中京は伝統があるからか守備練習が半分以上だったという。また、堂林投手はあえてスピードガンには拘らず、動く速球を覚えるために手首の使い方を研究したそうだ。メジャーの松井や岩村や城島も本場の動く速球に日本では考えられないように打てなくなっている。ウェークフィールドやエリちゃんみたいにナックルボーラーを作れば勝つのは簡単かもしれない。80キロ後半の速球を投げる投手を作るのとホームヘベースまでどんな動きをするかわからない魔球を投げる投手を作るのとどちらが簡単なのか。動く速球はソフトボールでも可能なのか。ちょっと暇な時に悩んでみよう。打撃のチームで投手はナックルボーラー。新チームはこれで行こう!
スポンサーサイト



この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック