FC2ブログ

1年前から

 ちょうどキャプテンの麻由が入団してきて1年が経ちます。お母さんといっしょに練習を見に来て、話をしたところ練習を眺めていたお母さんの顔つきが曇っていたのを思い出します。当時練習ったって側から見たらお遊びみたいにしていて、SSKの楕円ボールを投げて、あらゆる方向にバウンドするボールを数人で取る練習をしていました。小学生にとって動体視力や敏捷性が鍛えられるし、投げるほうも肘を前に出さなきゃ真っ直ぐなげれないのだからすごく良い練習なのです。最近やっと私のことを理解してくれてきたのかもって思います。だから、体験に来てくれたときは、なるべく父兄にわかりやすい練習をしようと思ったことを思い出しました。1年って早いですね。しかし子供の成長も早いです。
スポンサーサイト



この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック