FC2ブログ

チーム=家族

 UKIUKIスピードは伊勢市内の色んな小学校から選手が集まっている。
 偶々なのか、1つの学校で複数入団しているのは少ない。そのためなのか、選手同士が気を使っていることが多い。

 チームスポーツにとってこれは大きな欠点となる。
 
 まだ泊りで同じ部屋になったりすると打ち解けあうことになるのだが、泊りも年に数回だけ。

 静岡チェリーズさんのブログを拝見したときに、車で移動する時は必ずくじ引きだったかジャンケンだったかすると書いてあったのを記憶している。非常に良いことだなあと感じた。ウチもこれからマネージャーにお願いして実行したいと思う。

 なぜ、こんなことを書いたかと言えば、今日3試合してきてエラーした時に励ましの声が無い。エラーした選手は周囲に気を使っている。これでは次も良いプレーが出来ない。
 
 必死でプレーしてエラーした場合、また状況判断を誤った時は監督を始め指導者の責任。これを責めてはいけない。
 ただ、怠慢プレーや、同じミスを何度も繰り返して前向きさが足りない場合は、選手間であろうと叱咤激励はしても構わないと思う。
 選手同士、選手と監督の信頼関係は非常に大切であると実感した。

 練習や試合することはもちろん大切だが、選手同士、また指導者と選手、指導者と保護者が心を許せる催しをすることもチームスポーツにとっては欠かすことが出来ないのではないかと感じた。そのことを教えられたことが今日の最大の収穫であった。そんな基本的なことを怠ってきたのは指導者として情けなく感じた。
スポンサーサイト



この記事へのコメント

- : 2009/12/21 (月) 10:47:05

このコメントは管理人のみ閲覧できます

- : 2009/12/21 (月) 22:48:58

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ通知 :

トラックバック