FC2ブログ

意表をつく

 野球の現役時代は、現在の体型とは程遠く、小さくて左打者でずっと1番打者であって相手が嫌がる打者を目指していました。
 だから、きっと大砲の4番打者より指導者としては考えることができるのかもしれません。

 さて、そんな選手であった私はいつも三遊間を狭められ、三塁手はセフティーを警戒していました。ですからバッターボックスでは、長打がないと思わせ小さく構えていかにもアウトコースをちょこんとあわしてくると見せかけるために投球前にわざと捕手にアウトコースにポイントをあわせているそぶりを見せていました。

 そうすると、必ず初球はアウトコースのボール球で探ってくるか、インコースに投げ込んできます。アウトコースのボール球がくると反応するようにして、インコースがくるとストライクでもわざとよけていかにもインコースが打てないと思わせます。捕手が「何よけてるんだ」って笑って独り言をしゃべっているとしめたものです。

 私は、実はアウトコースが大嫌いで、インコースなら長打も打てました。
 したがって、インコースを投げさせるように工夫をしたのを覚えています。まあ、初顔合わせのチームしか通用しませんが・・・

 作戦も色々ありますがやはり相手の裏をかく、いわゆる意表をつく作戦が必要だと思います。

 楽天の山崎選手が盗塁を成功させたりするのも相手が警戒していないからです。

 そういえば、先日金本選手の連続出場が途切れたのは、一塁ランナーの俊介選手が盗塁失敗したことで出場したと認められずに途切れてしまいました。
 近代時代から俊足で、いつも走ることを警戒される選手がきっとこの場面では警戒されていなかったはずです。

 それで、盗塁死してしまった責任は重いと思っています。相手は警戒していない、観客は金本選手に集中している。野手もそうだったと思います。だから、ランナーは盗塁のサインが出たら100%セーフになるスタートが切れなかったら走るべきではないし、最高のスタートを切らなくてはならないシチュエーションであったと思います。

 もし、その裏を相手バッテリーが読んでいたのであれば「アッパレ」であったと思います。
 そんな駆け引きをリアルタイムで見ることも野球やソフトボールの楽しみでもあります。

 前置きが長くなりましたが、私は選手達にとにかく相手が今何を考えているか、そして、流れのプレー中にも相手の意表をつくにはどうしたら良いか考えるように言っています。

 バットを置く前に、そんな事が出来る選手に育てるのも私たちの役目かもしれません。
スポンサーサイト



この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック