FC2ブログ

打撃のポイント

 私が小学生の頃、ノンプロで活躍したこともある父親から指導を受けたのは、「ポイントを前で」と言われました。
 下半身指導は変わらないし、肩は突っ込まずにお尻からというのも変わりません。
 ただ、現在の野球指導のうえではポイントはギリギリまで引き付けて捕手側の腕で押し込みます。

 じゃあ、ソフトボールはどうか?
 私がソフトボール界に足を運んだ数年前にソフトボールの打撃を他の指導者の方にお聞きしたらポイントはかなり前でした。
 他のチームの試合を見てもポイントは前でした。

 私もソフトボールはバックスイングも無いし、ステップもほぼノンステップ打法のような感じだったので前捌きの打撃にしました。

 自分の娘には実験でバックスイングも、ステップも有りで、ポイントも肘を畳み切ったところで打たせました。

 まだ、未だに正解は見つかりません。

 しかし、私はポイントを手前にを拘っています。ステップもバックスイングもさせています。
 リスクは大きいかもしれません。でも将来「割れ」を覚えて打つことや腰の使い方を覚えるためには良いのではないかと思っています。

 ひとつ怖いのは、ポイントはずれて覚えると修正がききません。
 小学生時代に指導したポイントが治らないかもしれません。次の指導者とポイントがずれているかもしれません。
 ということは、やはり小中学生時代の指導者が一番重要なのだと思います。

 早く自分の中での正解を見つけて誤った指導だけは避けたいと思います。
スポンサーサイト



この記事へのコメント

- : 2011/05/24 (火) 08:59:50

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ通知 :

トラックバック